読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f

建築の周縁でうろうろしてる人

世界が知らない内に変わっていたら嫌なので、とりあえずアンテナは貼っておく

 

おもしろいのは、紙媒体と電子媒体の読み方の違い。なんとなく電子媒体で読む方がテキストを熟読することが少ないのかと思っていたら、実はその逆だった。電子媒体で読むと紙媒体のように飛ばし読みが出来ないので順々に読む、さらにしおりなどのどこまで読んだかというのが事細かくつけれるし、もっと進化すれば分からないキーワードのとこに何かしらのリンクを貼っておけば、後に読むときにも助けになる。考えてみれば、電子媒体で読むことにはかなりの利点がある。ここで、紙媒体で読むということがどういうことなのかを考えなければいけないときがくるのだろう。新しいメディアの形が出てきたことで、旧メディアの形式が逆照射され、その存在意義を問われるときがきっとそのうちやってくる。

出版業にしても、様々な業界にまたがることはあるので、その業界御用達のメディアは既得権益で何のチャレンジもしていないということ多々見られる。

キュレーションメディアは様々な方向を模索しているし、webメディアは雑誌並みのクオリティを目指しているとのことだ。バイラルメディアなどの問題はあるが、webメディアの過渡期的な流れだと思う。現在の旧来型のメディアが持つ強みとは一体なんなのだろうか。webメディアが雑誌並みのクオリティを持つことになったとき、その問いが必ず出てくるだろう。