f

建築の周縁でうろうろしてる人

時間感覚の感覚


映画『聲の形』 ロングPV

 

 

また異なる意味で凄い映画を観てしまったなぁという気持ち。最近なんか凄いしか言ってないけど、本当に凄いなぁと思うものばかりで自分が歯がゆいですね。

 

と言うわけで『聲の形』を観ました。

 

京都アニメーションの作品は『たまこラブストーリー』以来観てなかったけど、この作品はさらに凄くなってるなぁと思った(作品としては『たまこラブストーリー』の方が好きだったけど)。最近観た『君の名は。』がとてもアニメ的なアニメ映画だったとすると、この映画はとても邦画的なアニメ映画だった。劇中の演出における時間の速度がまったく違く、『君の名は。』がジェットコースターだとすると、『聲の形』はメリーゴーランドだろうか。結構もたっとしていて、話の展開相当に進んでいるはずなのに、そんな感じもしない(なにしろ原作7巻分を詰め込んでいるのだから)。また、話が不思議なくらい淡々と進んでいくので、原作未読の人にとってはこれはついていけるのかしらという気持ちにも。なぜだか分からないけど、視聴感が『リリィ・シュシュ』とか『リンダリンダリンダ』に近く、それは演出に起因するものなのかしらと思いつつも、『聲の形』に登場する人物造形にも起因するのかもしれない。原作でもそうなのだけど、共感できるのだけど共感できない、みたいなキャラクターへの不思議な没入感がある。一人のキャラクターに没入するわけでもなく、こいつの言ってることはわかる、あいつの言ってることもわかる、でもあのときこいつが言ったことが分からない、みたいな。そう考えるとすべての登場のキャラクターの心理描写に違和感がない『心が叫びたがっているんだ』とは対照的な作品でもあるなぁと感じた。すべての登場のキャラクターに共感できる部分もあれば、できない部分もある。でもよく考えてみれば他者に対して完全に共感できるなんてことはありえないわけで、この作品はそこの部分が見えていた。共感できる媒体であるはずのキャラクターが共感できない、理解しきれない部分を持っているせいで、この作品が「アニメ的」ではなく「邦画的」に見えたのだろうか。うーむ分からない。

不思議な視聴感でした。

でも、泣いた。

 

この作品には『養老天命反転地』が出てました。原作にも出てます。